ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

子犬の食事

 

犬も私たち人間と同じように、年齢に合った食事を考えてあげることが、健康で長生きの秘訣だと思っています。

 

子犬は、驚くほどグングンと毎日成長しています。

 

試しに毎日体重を計ってみてください。

 

棒グラフ、折れ線グラフのどちらにしても、毎日増えていくことがよくわかると思います。

 

成長にはものすごくエネルギーが必要なのを知っていますか?

 

だからこそ子犬用の食事には十分に気を使ってあげて欲しいのです。

 

パピー用のドッグフードは、栄養価も高く成長していく子犬には欠かせないものがたくさん含まれています。

 

私は自宅で子犬を産ませて、母犬と一緒に育ててきました。

 

子犬たちも、だんだんと母犬の食事が気になり始めて興味を持つようになります。

 

最初はパピー用のフードを柔らかくして、ミルクなどを混ぜて食べさせていました。

 

多ければ残して、それを母犬がペロリと平らげてくれます。

 

お乳を飲ませている間は、母犬にも栄養が必要なのでこうしていました。

 

子犬のうちは回数を決めたりせず、寝て起きたら食べさせるようにしていました。

 

もちろん、子犬たちのお腹の状態も見ながらです。

 

赤ちゃんのうちは、寝ること、食べることが大切ですね。

 

たっぷりと栄養を摂らせてあげてください。

 

今のドッグフードは質も良くなっていますので、パピー用のフードだけでも必要な栄養が摂れます。

 

成犬になるまでは、パピー用のフードを食べさせてあげましょう。