ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

高齢犬・老犬の食事

 

犬も人間と同じように年を取れば食事の内容を変えていってあげることが大切です。

 

どんなに健康管理に注意していても、やはりある程度の限界があります。

 

足腰や顎が弱くなってきてしまうので、今までと同じドッグフードでは食べにくくなってしまう事もあるでしょう。

 

高齢犬・老犬用のシニアのドッグフードは、消化もしやすい胃に優しいように考えられていますが、どうしても固形のフードが食べられなくなる場合もありますね。

 

そういう場合は、飼い主さんの愛情たっぷりの手作りドッグフードを食べさせてあげましょう。

 

高齢犬・老犬用に専用のものも販売されていますので、そういうものを参考にしてアレンジしてあげてもいいですね。

 

この時、犬に食べさせてはいけないものなどもあるので、素材選びには注意してくださいね。

 

サプリメントなどを使って、足りない栄養を補ってあげるのもいいでしょう。

 

完全に歯がなくなってしまっている場合や、寝たきりになってしまった場合は、飼い主さんが直接食事を食べさせてあげないといけません。

 

犬も人間のように、高齢になると介護が必要になることもあります。

 

大切な家族ですから、高齢犬・老犬になってもいたわり、愛情をもって接してあげましょう。

 

高齢犬・老犬の食事次第では長生きできますので、手間はかかりますが頑張りましょう。