ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドの食欲がない時の対処法

 

犬も人間と同じように、食欲がない時があります。

 

原因は色々ですが、病気で食欲が落ちることもありますし、夏など暑い時期には、夏バテをして食欲がなくなることもあります。

 

病気の場合は放っておいても治療をしなければ食欲はないままですし、衰弱してしまうので、一刻も早く動物病院に連れて行き、治療をしてあげてください。

 

回復に向かえば、自然と食欲も出てくるでしょう。

 

夏バテで食欲がない場合は、食欲が出るようにご飯に少し工夫をしてあげましょう。

 

どんなに食いしん坊のワンちゃんでも、夏バテの時だけは大好きなご飯を目の前にしても、匂いをかぐだけでフンとそっぽを向いて、食べたくないようにしていますね。

 

こういう時はお腹が空けば食べるだろうと、そのままにしておく人もいますが、夏場はドッグフードも傷むことがあるので、食べない時はすぐ片づけるようにしましょう。

 

でも、頑固に食べないままのワンちゃんもいます。

 

このままでは本当にバテてしまうので、何とかして食べてくれるように工夫してみましょう。

 

私の場合、犬の食欲が落ちた時、野菜や鶏のささ身をお湯だけで湯がいたものを混ぜています。

 

こうすると、ドッグフードだけではソッポを向いていた子も、驚くほどよく食べてくれます。

 

「本当に夏バテなの?」と疑ってしまうくらいです(笑)

 

ちょっとの工夫で食べてくれるので、一度お試しください。

 

それでも食べてくれない場合は、一度獣医さんに相談した方がいいかもしれませんね。