ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

食事は飼い主が先にする

 

犬は、本来群れで生活し行動する習性を持っています。

 

家族を一つの群れとして考えた時、群れにはリーダーが必要ですね。

 

犬はリーダーの指示に従い行動するので、リーダーが必要になります。

 

基本的に群れのリーダーは、一番最初に食事をします。

 

ですから、飼い主さんをリーダーと理解さるためにも、食事は飼い主が先にする事を徹底させましょう。

 

先に犬の食事を用意して食べさせてから、人間が食事を始めることもあるかもしれません。

 

こうすると、賢いダックスは自分が群れのリーダーなのかも?と勘違いしてしまいます。

 

自分がリーダーなので、飼い主さんの言う事なんか聞く耳持たなくてもいいや、なんてことにもなりかねませんね。

 

こうなってしまうと、何か気に入らないことがあったら吠えたり、威嚇したり、噛みついたりする問題児になってしまうので、食事の順番は十分に注意してください。

 

私たち人間にとってはなにげない行動でも、犬はよーく見ています(笑)

 

しっかりとしつけが完了するまではもちろんのこと、しつけをした後でも、油断すれば台無しにしてしまう事もあるかもしれません。

 

食事は飼い主が先にすることを習慣にしておけば間違いないですね。

 

まずは、飼い主さんが食事を済ませてから、ワンちゃんの食事を用意してあげましょう。