ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドに与えてはいけない食べ物

 

ダックスフンドに与えてはいけない食べ物はダックスフンドに限らず、全ての犬種にも言えることなので、覚えておきましょう。

 

まず、チョコレートは例え少量でも、体格によっては中毒を起こすので、絶対に食べさせないように徹底しましょう。

 

チョコチップクッキーや、チョコチップアイスクリーム、チョコレートケーキなど全て食べさせてはいけません。

 

玉ねぎやネギ、ニラなど刺激の強いものも、中毒を起こしますので絶対に食べさせてはいけません。

 

料理の中に素材として入っている場合も同じです。

 

カレーやシチューなども犬にとっては味付けが濃すぎますし、香辛料も与えてはいけないので注意が必要です。

 

生の豚肉、鶏肉もやめましょう。

 

与える場合は、必ず火を通すか、熱を加えてからにしましょう。

 

鶏の骨は裂けると縦に鋭く裂けるので、そのまま食べてしまうと、食道や内臓を傷つけてしまいます。

 

骨付きの鶏肉や、硬い鯛などの魚の骨も与えないようにしましょう。

 

生の魚介類、甲殻類も与えてはいけません。

 

ナッツ類も与えない方がいいとされているので、クッキーなどをあげる時も注意してくださいね。

 

基本的に人間の食べ物は与えないことを徹底させておけば間違いないでしょう。

 

テーブルの上に乗ってはいけないとしつけていても、飼い主さんが目を放した隙につまみ食いをすることもあるかもしれません。

 

犬の手が届くところに、食べ物を置かない事も大切ですね。