ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

飼い主がボスになる

 

犬は元々野生で生活していた時、群れで行動する習性をもっていたといいます。

 

群れには必ずボスがいますね。

 

ボスのいう事は絶対です。

 

犬と一緒に暮らしていく上で、人間の都合に犬を合わせていかなくてはいけないこともたくさん出てきます。

 

とはいっても、嫌がることを無理強いするというのではなく、犬と人間がお互い気持ちよく、共に暮らしていけるようにするためには必要なことになります。

 

それがしつけですね。

 

あなたが、「家族=群れのボス」となって、犬にやってはいけないことやるべきことなどを教えていきます。

 

でも、ここは野生の犬の群れとはちょっと事情が違いますね(笑)

 

あなたがこれからしつけをしていく上で、しっかりと主導権を握ることが大切です。

 

遊ぶ時間を決めるのもボスの役目です。

 

食事の時間を決めるのもそうですね。

 

すべてボスの決めたようにしていくんだという事を学ばせていきます。

 

このためにも、一貫した態度が必要ですね。

 

その時の気分で態度を変えたりしてはいけません。

 

上手に出来た時には、大げさなくらいに褒めてあげましょう。

 

これができたら、「ボスに褒めてもらえる=良いことがある」とわかれば犬は驚くほどグングン吸収してくれます。

 

ボスだからといって、偉そうにしていろというわけではないんですね。

 

しつけをしていく上で、しっかりと主導権を握り、上手にできたら褒めてあげることもボスの仕事です。