ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

基本は褒めながらしつける

 

基本的に誰だって叱られるよりは褒められた方が気分がいいですね。

 

これは犬も同じなんです。

 

まず、どんなに賢いと言われているダックスだって、最初から何でも上手にできるわけではありません。

 

色々なことを飼い主さんとの生活の中で、しつけを通して覚えていくのです。

 

まずはできなくて当たり前。

 

こう自分に言い聞かせてみてください。

 

両親ともに優秀で・・・なんて聞いてしまうと、その子犬なんだからこの子もできて当たり前と思ってしまいがちですね。

 

でも、何事も教えてあげなければ覚えません。

 

物覚えが良い、悪いは多少ありますが、子犬は何もできないと思っておきましょう。

 

期待しすぎてしまうと、できない時に腹が立ってつい叱ってしまいます。

 

例えば、最初は名前を呼んでこっちに来たら、それだけでもいいのでとにかく褒めてあげましょう。

 

すると、子犬は自分の名前も覚えていきますし、名前を呼ばれたら飼い主さんのところに行けば、褒めてもらえると学習します。

 

この時、すぐに来なくても「なんでわかんないの?!」などと叱ってはいけません。

 

根気よく子犬が来るまで、名前を呼びましょう。

 

しつけを上手にしていくコツは、根気と上手にできたら褒める。

 

この2つだと思っています。

 

ここで一つ注意点があります。

 

子犬はとても飽きっぽいところがあります。

 

集中力が長続きしないので、いつまでもダラダラと行わず短時間で行い、できない時は少し時間をおいてから、また再開していくといいですよ。

 

飼い主さんの気持ちの切り替えも忘れずに。