ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

体罰は必要ない

 

犬のしつけをする時に、体罰は必要でしょうか?

 

私は、必要ないと思っています。

 

力で無理やりねじふせたり、無理強いすることはしつけではないと思います。

 

度が過ぎれば虐待にもなりかねませんね。

 

もしも、犬が何か悪いことをした時、叱るより無視する方が効果あるのを知っていますか?

 

犬は大好きな飼い主さんに無視されることが何より辛いのです。

 

体罰を与えてしまうと、信頼関係が崩壊してしまうこともあります。

 

しかし、私も以前は叱ることや体罰というより、軽くたたく事も必要だと思っていた時期があります。

 

それほど強く叩かなくても、犬は飼い主さんから叩かれる時、とても悲しそうにしています。

 

いつも叩かれている子になると、ちょっと手をあげて何かものを取ろうとしただけなのに、「叩かれる!」と思い、目をつぶったり、姿勢を低くしてよけるようなしぐさをします。

 

我が家のワンコがこのような行動をした時、私はなんてことをしてしまったんだろうと、ものすごく後悔しました。

 

一度でも叩いてしまうと、名前を呼んでも来なくなってしまう場合もあります。

 

信頼関係の崩壊ですね。

 

これを取り戻すのは本当に大変なことです。

 

それ以来、何があっても叩く事をしないと決めました。

 

それから何年もかかりましたが、今は信頼関係も取り戻すことができました。

 

犬だって叩かれたら痛いし、悲しい思いをします。

 

自分の体験を通して、しつけに体罰は必要ないと思っています。