ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

おやつでしつけない

 

しつけをする時に、おやつを使うととても効果的なので、実践している人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、これはおやつが欲しいので、言う事を聞いているだけです。

 

これを習慣にしてしまうと、上手にできた時におやつをもらえないと、「できたんだから!おやつちょうだい!」と催促するようになってしまいます。

 

賢い子の場合は、おやつがもらえないのなら言う事聞かないもん、なんてことにもなってしまいます。

 

さらに、何かするたびにおやつをあげていたら、肥満の原因にもなるので、私はおやつでしつけない方がいいと思っています。

 

おやつの代わりに、褒めて伸ばすしつけをオススメします。

 

メリハリをつけていけば、おやつがなくても上手にしつけをすることができます。

 

おやつは、時間を決めてあげるようにすればいいのです。

 

おやつを使うしつけは、上手にできたご褒美におやつをあげますね。

 

上手にできたご褒美に思いっきり褒めてあげればいいだけなので簡単だし、おやつ代もかからず、肥満防止にもなるので、良いことが一杯ですよね。

 

最初におやつを使ったしつけをしていても、徐々におやつの量と回数を減らして、その代わり褒める事を取り入れてみてください。

 

最初はおやつを欲しがるかもしれませんが、とにかく褒めてごまかします。

 

褒められるのは嫌なことではないので、そのうち褒めるだけでもちゃんと出来るようになってきます。