ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドのトイレのしつけ

 

トイレのしつけは、しつけの中でも一番難しく根気のいるしつけになることがあります。

 

といっても、犬にも個体差があるので、意外なほど簡単に覚えてくれる子もいますし、なかなかトイレが上手にできない子もいます。

 

どんな時でも、大切なのはトイレを失敗しても叱ってはイケナイという事です。

 

トイレを失敗した時に叱ることで、犬は排泄自体を悪いことと思い込んでしまうからなんですね。

 

トイレをすると叱られると学習します。

 

でも我慢にも限界があるので、隠れてトイレをするようになってしまうのです。

 

これはとても可哀そうなことですね。

 

できるだけトイレを失敗しても、叱らずに無言で片づけてください。

 

失敗しないように、最初から準備をしておくという方法もあります。

 

いくら可愛い大切な家族の一員だからといっても、そこらじゅうでトイレをされたら、やはり腹が立つこともあります。

 

だったら、失敗してもいいように、最初から準備をしておけばいいんです。

 

子犬のうちは、寝起きと食後にトイレをしますので、タイミングをみてトイレに連れていくか、サークルの中で寝起きさせ、トイレが済んだら外ヘ出してあげる習慣をつければいいのです。

 

注意深く観察していると、遊んでいる最中にも急にソワソワして、臭いを嗅ぎ出すことがあります。

 

この場合は大抵トイレをしたい時なので、すぐにトイレに連れて行ってあげましょう。

 

トイレシーツにあらかじめおしっこの成分を含んだスプレーを噴霧しておく方法もあります。

 

臭いでトイレを覚えさせるのです。

 

ダックスは胴が長いので、できればトイレのスペースも余裕を持って、広めに作ってあげましょう。