ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドの甘噛みのしつけ

 

子犬は目に入るもの全て珍しく興味津津なので、とりあえず確かめる意味で「口に入れる=噛む」という行動を取ります。

 

これはある意味本能的な行動なので、悪意があるわけではないんですね。

 

飼い主さんと遊んでいる時、嬉しくなってつい飼い主さんの手や足を甘噛みしようとすることがあります。

 

成犬になると飼い主さんの手や足をペロペロと舐めてくることがありますね。

 

これと同じような感覚なのでしょう。

 

子犬は甘えて甘噛みをすることもあるんです。

 

これを子犬だから仕方ない、きっと歯が生えてくるのが痒くて噛もうとするのだろう、などと許してしまうのは危険です。

 

最初は甘噛みでも、つい興奮してくると本気で噛んでしまう事もあります。

 

噛むことを悪いことと認識させないと、気に入らないことがあった時にも、飼い主さんの手や足に噛みつこうとするようになってしまいます。

 

成犬になってから、噛むのをやめさせるしつけはとても大変なので、子犬のうちからしっかりとしつけておきましょう。

 

ポイントは、甘噛みした時にすかさず、大きな声を出して大げさに痛がる事です(笑)

 

「痛い!!」、「ダメ!!」など、甘噛みしたら即、何かしら大きな声を出してみてください。

 

大きな声に驚き、一瞬噛むのを止めます。

 

何度も続けていくと、噛まずに舐めるようになるので、噛まずにいられたら褒めてあげましょう。

 

噛むと「大きな声がする=嫌なことがある」、噛まずにいると「褒めてもらえる=いいことがある」と覚えさせるのです。