ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドの噛み癖のしつけ

 

噛み癖のしつけは、子犬の甘噛みの時にしっかりとしつけておかないと、後になって噛み癖が付いてしまうので注意しましょう。

 

一度噛み癖がついてしまうと、なかなか直すことができません。

 

成犬になれば顎の力も強くなり、犬が本気を出せば人間の指くらい簡単に食いちぎってしまいます。

 

気に入らないことがある度に、飼い主さんに噛みつくよう子にしてしまったら、一緒に生活していくことができなくなってしまいますね。

 

できるだけ、子犬の甘噛みのうちに徹底して躾けておきましょう。

 

もしも、成犬になっても噛み癖が治らない場合は、少し荒療治をしていきます。

 

まず、噛む頻度や強さにもよりますが、飼い主さんは噛まれても怪我をしないように、専用の手袋などを使うといいと思います。

 

軍手では簡単に貫通してしまうので危険です。

 

噛もうとしたら、マズルを抑えて「ダメ!」、「イケナイ!」と強く叱りましょう。

 

この時、犬は嫌がって暴れて手を振りほどこうとします。

 

力加減も見極めながら、すぐに離さないようにします。

 

犬がキャンと鳴いたら、手を離します。

 

手を離した瞬間に噛みついてきたら、手を口の奥に押し込んでみましょう。

 

オエっとなるので、手から顔をそむけます。

 

噛むとオエっとなる、マズルを抑えるなど嫌なことがあると学習すれば、自然と噛む回数も減っていくでしょう。

 

噛んでも思い通りにならないという事を覚えさせることがポイントですね。