ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

分離不安にさせない方法

 

分離不安とは、犬と飼い主さんがあまりにも密着した生活を送っているため、犬が飼い主さんに執着してしまう事があります。

 

飼い主さんが、ちょっと留守にしたり、部屋にいないとものすごく不安になり、吠えたり、室内をめちゃくちゃにしてしまうなどの、問題行動を起こしてしまうのです。

 

この分離不安の場合は、犬がどうしようもない不安にかられて起こすものなので、犬自身も自分をコントロールすることができない状態になっています。

 

酷くなると、飼い主さんがトイレやお風呂に行っている間も不安になり、吠えたり、物を壊したりするようになります。

 

こうなると犬にとっても辛い事ですし、飼い主さんも行動が制限されたりと、双方にとっていいことはありませんね。

 

分離不安にさせない為には、どうしたらいいのでしょうか?

 

一番大切なのは、過保護にしないという事ですね。

 

分離不安は、犬の精神的な病です。

 

病なので、治療が可能だという事を知っていましたか?

 

治療も可能ですが、まず飼い主さんが犬との接し方を改善することが一番重要になってきます。

 

時間はかかりますが、必ず改善されるので、根気よく治療と改善をしていきましょう。

 

必要以上に犬と接しない、時には無視をすることも必要になります。

 

自分ではなかなか難しい場合は、ドッグトレーナーに相談してみたり、しつけ教室に通うという方法もあります。

 

悩んでいるだけでは何の解決にもなりません。

 

まずは、できることから実践していきましょう。