ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

お散歩の役割

 

毎日のお散歩の役割って考えたことがありますか?

 

お散歩は、とても重要な意味があるんですよ。

 

まずは、歩くことで運動になるので、犬にとっては肥満防止にもなるし、気分転換にもなりますね。

 

室内犬の場合は、どうしても運動不足になってしまいがちです。

 

キッチンからただよってくる美味しそうな匂いに、おやつにと、何かと誘惑も多くなります(笑)

 

ダックスは独特の胴長短足の体型なので、背骨や腰に負担がかかりやすいため、椎間板ヘルニアにもなりやすいのです。

 

肥満を予防することで、これらの病気の予防にもつながるのです。

 

そして、外の世界に触れることで、普段は家族としか接していないワンちゃんも、他のワンコや飼い主さんと接することで、社会性が身に付きます。

 

社会性を身につけるという事は、とても大切なことなんです。

 

外の世界を知らないと、ちょっとしたことでも怯えてしまったり、驚いてしまったりするので、無駄吠えも多くなります。

 

「怖い!なんなの?」と不安になるので、吠えてしまうんですね。

 

社会性がある程度身についていると、他人、物音などにも慣れていることから、無駄吠えも少なくなります。

 

このように、毎日何気なくしているお散歩にもちゃんとした理由があり、それは犬にとっても人間にとっても必要なことであるとわかると思います。

 

1日15分程度でもいいので、毎日お散歩に連れて行ってあげてくださいね。